離乳食ピークに利便!野菜の冷凍保全やり方�D【さといったいも】

・さといも・
さといもは冷凍の物が売っていますが、家でも簡単に冷凍保護できますのでおススメです。
【作り方】
1.さといったいもは皮をむいて、離乳の時期に合わせたがたいに切って置き、やわらかくゆでていきます。
2.茹でるときの水のボリュームは、さといったいもが隠れる程度で大丈夫です。
3.鍋に火をかけて赴き、串で刺してスッと通り過ぎるくらいにさといもをやわらかくしておきます。
注:さっていもは硬さがあるって、離乳食階段の乳児では噛みぶち壊す事ができません。敢然と柔らかくなったのかを確認しておきましょう。
【離乳シーズンに合わせた冷凍保護】
・始め
初期のシーズンにはさといういもは食べさせません。理由はアレルギー疾患の可能性がある為です。さっていもにはアレチルコリンという根源が入っています。こういう根源は口が痒くなる至る等といった疾患を起こす物質ですので、離乳食が始まったばかりの初期の段階ではあげるのは控えましょう。中期に入っても、少しずつ気配を見ていきながら与えていくようにするのが大切です。
・中期〜協定期
茹でたさといったいもを、離乳食の階段によって適当ながたいに刻んでおきます。その後は製氷皿に入れて冷凍しておくか、1食分ずつラップに包んでおいて、冷凍保護手提げに入れて冷凍しておくと使いやすいだ。
いよいよさっていもを贈る時折、少数ずつあげて気配を見ていくようにください。その時に口の周りが赤くなったり、痒がっていらっしゃる服装が見られた場合には、さといったいもに入っておる根源に起動やるという先ぶれですので、譲るのは控えて、気配をみていきましょう。

●ほうれんそう・小松菜・チンゲンサイ●
葉物体野菜も冷凍しておくことができます。青物が欲しいな…と思った時にも、後1産物と思ったらも、冷凍しておくと便利で使いやすい原材料だ。
【作り方】
ほうれん草や小松菜、チンゲンサイは穂先をやわらかく茹でたその後、水にさらしておきます。そのあとは敢然と潤いを切っておくのがポイントです。
【離乳シーズンに合わせた冷凍保護】
・始め〜中期
ラップに棒状に包んで冷凍しておきましょう。こうする事で、始め〜中期にかけては細く刻み込む事になるのですが。包丁で細くするのが障碍と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
その時に活躍するのがこちらの冷凍秘訣なのです。なぜなら、棒状にしておく事で、冷凍のまますりおろす事ができるからだ。こういう冷凍方法によって、調理をするのが大いに楽になりますし時短にもなります。
・後期〜協定期
後期ところからは、刻みのがたいも大きくなりますので、離乳食の時期に合わせたがたいに冷凍前に刻んでおいて、製氷皿に入れて1食分ずつ冷凍しておくと使い勝手が良いでしょう。
製氷皿では1食分が少ないに関してには、ラップに1食分で使いたい分の葉物体野菜を包んでおくと、楽に取り扱う事ができます。
●白菜・キャベツ●
白菜やキャベツを離乳食に使いたい場合には、瑞々しい地点を選んで使っていくと良いでしょう。
【作り方】
葉の瑞々しい地点を選んでおいて、やわらかく茹でていきます。その後は敢然と潤いをきっておきましょう。キュッティの口コミ体験談!実際にレビューしてみました。